岩手県の狩猟に関する情報や、狩猟・猟銃未経験者の方が猟銃を手にし狩猟を始められるまでのステップを解説

周囲に支えられ、犬と歩んだ新米4年

 西磐猟友会 佐 藤 裕

 

 鉄砲撃ちを始めたきっかけは、周りからの「やればいいんじゃない?」って後押しから。

 仕事柄、県の農畜産業にかかわっていることから、獣害による農畜産被害の話は方々から耳に入っていた。私の住む地区でも年々とシカが増え始め、近年ではイノシシの目撃情報も出始めている。

 今から40年程前には、我が家がある民区40戸足らずに、30人以上の鉄砲撃ちがいたと言う。私が住み始めたころには、民区に1人、舞川支部全体でも6人だけでした。

 「まだ、田んぼや畑のシカやイノシシによる被害は出ていないけど、いずれ出てくるよねぇ。。。鉄砲でも取ろうかな。」って声に、快く答えてくれた家族の支えがあって、鉄砲撃ちを始めました。

 幸いに同時期に始めた友人の父親が鉄砲撃ちだったことから、1年目は師事を仰ぎ、ヤマドリとキジ、カモ類を中心に鳥猟の基本を学び、2年目には譲られたアオア系英ポ、バロンと名付けた猟犬の育成を、先に始めて

いた大学時代の友人に教わりながら、毎日のように一緒に歩きました。はじめのうちは、河川敷で走り回って、匂いも関係なくキジを追い出していましたが、だんだんと匂いがすると動きを止めるようになり、キジ猟最終日の115日にバロンが見つけたキジを初めて獲ることができました。

 3年目になるとバロンの動きが見違えるように良くなり、ポイントからのフラッシュの回数も増え、犬と伴に成長していく鳥猟の楽しみを感じることができました。また、地区猟友会の諸先輩方に誘われて、シカ猟にも勢子として参加するようになりました。シカ猟1年目は、3突の雄ジカを15mくらいの距離で見ることができましたが、矢をかけることができず、未熟な自分に悔しい思いをしました。

 4年目、バロンも2年間経験を積んだことで、さらに匂いを取るようになり、確実なポイントからのフラッシュが多くなり、出猟した際の捕獲効率が格段に上がりました。さらに、県猟青年部設立準備会が主催した捕獲の担い手セミナーに参加したことで、各地区の若い鉄砲撃ちの人たちと交流する機会に恵まれ、そこで知り合った(実は以前に山で遭遇していた)先輩猟師のクマ猟に同行する機会も得られました。また、シカ猟にも積極的に参加したことでシカとの距離も縮まり、勢子ながら2頭を、(たまたま)ネックショットで倒すことができたのはうれしい経験でした。

 そしてこれから5年目の猟期を迎えます。猟期外の毎日の散歩でも、細かな指示を与えることで、とてもいいレンジで探索するようになり、今猟期の解禁が待ち遠しい仕上がりとなりました。あとは私の腕次第・・・。また、担い手の繋がりから青年部での活動にも参加するようになり、狩猟仲間(犬を含む)と伴に成長していけるのが楽しみでなりません。

 若い仲間を巻き込みながら、事故なく、楽しく、続けていきたいと思います。


前のページに戻る


| HOME | お問い合わせ | リンク |