岩手県の狩猟に関する情報や、狩猟・猟銃未経験者の方が猟銃を手にし狩猟を始められるまでのステップを解説

老ハンターの楽しみ

盛岡猟友会理事 石川孝

  高齢になると必然的に動作は緩慢、判断力は低下、視力も減退してくる(例外の人もいるかも)と矢先が心配で発砲ができない場合が多い。里でのキジ猟等は気が重く出猟もしなくなってくる。それに較べ山中での狩猟は矢先の安全度が高い。となるとヤマドリ猟という事になってくる。老ハンターに沢登りが大変で、と ても猟にならないのでは無いかと心配されるでしょうが、私には強い味方がいて解決してくれるのである。山で獲物を追っているうちに獲物を追い越し、獲物が 後からノコノコ付いてきたという健脚の持ち主S氏、早打ちマックと異名を持つO氏の猟友である。

 渉猟中そろそろヤマドリが動く時間帯になると、なじみの沢に向かう猟友は 「Iさんは、ゆっくり登って来ればいいよ。あんまり頑張ると帰りが辛くなるよ。」と言い残して愛犬共に沢をどんどん登って行く。私は自分の足に聞きながら 周りを眺めながら登って行くと、「バン」と銃声が聞こえて来る。「ヤッタな」と思っていると、長い緒の見事なヤマドリを背に愛犬と悠々と降りてくる。然し 何時もそうなるとは限らない。「バン、バン、バン」と銃声が聞こえて来る。失中かなと思っていると「イッタゾー」と無線で叫んで来る。待ってましたとばかり銃を構えて、ヤマドリの下ってくるのを待つ。この一瞬が最高に楽しい。ソレ来た、「バン、バン」銃が火を吹く。その結果、頂きとなるか、残念でした又どうぞと飛び去って行ったかは、皆さんの想像にまかせます。このオコボレ頂戴猟もヤマドリの尾根越で沢下りが少なくなり、オコボレ猟のチャンスも少なくなって来たが、楽しい渉猟の日々であった。老ハンターが楽しく狩猟が出来るのも、猟友のお陰であると、心から感謝しており、今年も楽しく猟ができるよう、健康の自己管理に気を使いながら、今猟期も誘って下さる事を願い狩猟の解禁を待っている老ハンターである。


前のページに戻る


| HOME | お問い合わせ | リンク |