岩手県の狩猟に関する情報や、狩猟・猟銃未経験者の方が猟銃を手にし狩猟を始められるまでのステップを解説

岩手県猟友会概要

活動内容

平成28年度 事業報告

事業名実績等
公1:キジ保護管理  
①秋に4地区猟友会でキジ100羽を放鳥、40羽に足環を装着。                                                           ②キツネ65頭、タヌキ151頭、テン11頭の合計227頭を狩猟により捕獲。                                                    ③県から受託し、秋に8地区猟友会で、キジ300羽を放鳥、オス120羽に足環を装着。
公2:鳥獣保護管理の 
担い手確保
①狩猟免許試験予備講習会を県から受託し3回開催。網猟14名、わな猟150名、第一種銃猟100名、第二種銃猟4名、延べ268名が受講。また、県猟主催により、猟銃等初心者事前講習を6回開催、35名が受講。                                                           ②県主催の新規狩猟者確保定着促進事業の企画会議へ若手狩猟者の派遣及び捕獲の担い手研修会への参加や講師派遣等により、一般の方や新人狩猟者との意見交換を行った。更に、若手狩猟者定着促進のため青年部による射撃交流会を開催し、安全な操作、技術の向上などについて学習をしながら、交流を深めた。
公3:有害鳥獣捕獲  
①県から受託し、5~10月の間に鳥類8,544羽、クマ39頭、その他獣類138頭の有害鳥獣を捕獲。安全に実施するため事故防止推進事業を実施、延べ201日3,774名が参加。                                                                                    ②クマの追払い等を目的として、県、煙火協会岩手県支部と共催で、10月に花巻市東和町において、煙火消費保安講習会を開催、107名が受講。                                 ③シカの被害が深刻なうえ放射性物質の影響による出荷制限があり、狩猟による捕獲圧が減少することに対応する為、県から受託し、4,632頭捕獲。併せて、新たに侵出が見られるイノシシについても受託し、27頭捕獲。更に、指定管理鳥獣捕獲事業を適切に実施するため、各地区猟友会ごとに技能知識研修、射撃訓練を実施した。また、「早池峰周辺一斉捕獲旬間」を設け12月に重点捕獲を行い10日間で164頭を捕獲。事業終了後は山野一斉清掃活動を行い、延べ435名が参加。野生動物の死骸等の埋設などの処理や空き缶などのゴミも拾い集めた。                                    ④ドロップネット・電気止め刺しを利用したニホンジカ捕獲実証事業を県から受託し、宮古市内で実施。                                 ⑤ニホンジカ被害防除事業(誘引捕獲)を三陸中部森林管理署から受託し、大船渡市内で実施。                                    ⑥農林水産省事業で細菌病感染の全国調査として、野生ジカの検体を5地区25頭分提供した。                                     ⑦2月1日「カラス一斉捕獲の日」を中心に、ボランティアによるカラスの捕獲を19地区猟友会で実施。延べ40日、790名の参加で414羽捕獲。
公4:調査研究    
①狩猟指導員が中心となって野生鳥獣の目撃情報や生態に関する資料を収集。                                              ②県から受託し、放射性物質の影響を調査するため、ヤマドリ21羽を捕獲し個体のデータ及び試料を提供。
公5:捜索活動協力  
①事業の内容や実施方法について再検討し、県警察本部と協議を継続。
収1:狩猟者登録事務等
①猟銃等火薬類無許可譲受票の交付事務を行った。
他1:広報活動    
①会員、関係機関向けに会報を発行。ホームページの更新を行った。
他2:地区猟友会活動支援
①6月に盛岡市内において、会長・事務担当者会議を開催。                                                       ②5月に定時総会において、表彰を行った。
他3:適正狩猟   
①狩猟による死亡事故発生に伴い一時狩猟自粛を呼びかけ、各地区において事故防止緊急集会を開催し、11~12月で100会場1,396名参加。参加できなかった方には各支部長等から直接伝えるなどして対応した。                                                           ②各種指導員による、安全狩猟指導、射撃訓練指導等を行った。                                                    ③11月に盛岡市内において、山梨県猟友会青年部との交流会を開催。                                                  ④県外狩猟者登録事務を県から受託、併せて射撃訓練の励行をお願いした。                                             ⑤7月31日宮古指定射撃場で安全狩猟射撃大会を開催55名参加。9月4日北海道で開催されたブロック射撃大会へ代表選手3名を派遣し、優勝した。
他4:記念事業   
①平成36年度記念事業開催に向けて、記念事業積立を行った。

 


前のページに戻る


| HOME | お問い合わせ | リンク |